82kg→55kgのダイエットを経験した管理人が、拒食症や過食症を経て体重維持に挑戦するブログです。 悩んだり喜んだり苦しんだりしつつ、全うな食生活を手に入れるために頑張る予定!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに
管理人紡希(つき)は、元体重82kgの超肥満児でした。
しかし2006年十一月末、就職活動に供えて一念発起。減量を決意しました。
その際に両親に紹介され、私のダイエットを担当したとある薬剤師のおかげでずいぶんとやつれました。
ダイエット方法は単純な食事制限。
一日二食、それも朝はご飯とお味噌汁、お昼はトースト一枚という今思えば無茶なことを当然のようにやってました。
それが当たり前で、一ヶ月につき十キロ前後体重を落としていきました。
結果、ダイエットが終わってもまともな食事ができなくなりました。
拒食症のように食べない日々を経験し、今度は過度に摂取して嘔吐を繰り返す生活も経験し、また拒食の日々を経験し、今現在は食べる→体重が戻るまで食べないというサイクルを繰り返しています。

正直辛すぎて、時々「死んだほうが楽かも。」って考えてます。
これは冗談でもなんでもなく。
でもそんな人生の投げ方はしたくないです。
死なないにしても、このままからだがぼろぼろになるのは嫌です。

そこで、食事量を正しく把握するために日々の食事と体重の推移を記録していこうと思います。
どれくらい食べても許されるのか。
どう食べれば体重が維持できるのか。

キーワードは、人生を楽しく生きるための食事。です。
私は甘いものも好きですし、食べたことのない珍しい料理も好きです。お酒だって大好きです。
だから、時々は甘いものも食べたいですし、料理も食べに行きたい。お酒も飲みたい。
そんな欲望に任せていればすぐ太ってしまいますが、我慢してストレスを溜める人生もまっぴらです。

うまく付き合って、楽しく人生を過ごしたい。
そのためにのんびり頑張っていくブログにしたいと思います。
体重が少しでも増えれば発狂しそうなのが現状ですが、極力そういう感情は書かないようにします。
むしろ、
「食べ過ぎてしまった…。明日から頑張るぞう!」とか。
「やったー!ちゃんと維持できたー!」とか。
もし見てくれている人がいるなら、そういう人が不快感を感じないような。
そして書いている自分がネガティブにならないようなブログになればいいなと思っています。

なお、ダイエットの間違ったやり方については近々記載するつもりです。
絶対まねしないようにしてくださいね?
スポンサーサイト
Copyright © 紡希のずぼらダイエット. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。